ホーム > 新着情報 > 2015年 >

ファブリス・エグロが代表取締役副会長に就任

新着情報

ファブリス・エグロが代表取締役副会長に就任

2015/12/02

共和薬品工業株式会社(本社/大阪市 代表取締役社長/角田礼昭)は、12月1日開催の臨時株主総会ならびに取締役会において、ファブリス・エグロ(Fabrice Egros)が代表取締役副会長に就任いたしましたことをお知らせいたします。

 

エグロは本年10月23日に共和薬品工業の親会社であるグローバル製薬企業ルピン社のアジア太平洋・日本担当プレジデントに就任し、東京に本拠地を構えて日本、オーストラリア、フィリピン、東南アジア、その他ASEAN地域の新市場などの主要市場におけるルピン社の成長と発展に関する責任を担っております。

ルピン社に加わる前はNovaMedica社で副CEO/ COOを務め、新しい医薬品事業の統合に貢献しました。それ以前は、UCB、サノフィ、Parke Davisなど大手製薬会社でグローバルな職務や地域的な責任を担っていました。

エグロはパリ大学医学薬学部で薬学を専攻し、臨床薬理学修士号、医薬品科学博士号を取得するとともに、米Schiller大学から経営学修士号を授与されています。また、ハーバード大学でアドバンスト・マネジメント・プログラムを完了しています。

 

戻る

新着情報

  • 国民生活の安全・安心に関する情報を提供。政府インターネットテレビ
  • JGA かんたん差額計算